maneo(マネオ)の借り手の主な目的

比較的50万円以下の融資を希望するボロワーが多い

個人間融資のオークションといっても堅く考える必要はけしてありません。 もちろん投資家に貸し付けをしてもらうわけですからしっかりとしたものです。 これは返済プランや動機などは必要で、ここでは何も考えないで当然ですがお金を借りることはできません。 しかし、新企業を開業や起業だけでなく新婚旅行の資金やペットの治療費などで融資を受けている人もいます。 それ以外にも引越しのためのまとまったお金の支払いや、子どもの養育費や受験費用なども、ソーシャルレンディングの利用にかなり多くネットでも見かけられます。 そして面白いことに統計のデータを見れば、今から家族で昔からの夢であったものです。 それは駅前の可愛いクレープ屋さんを新規で開くためにはどうでしょうか。 まず、\1,800,000円の貸し付けを借入金利8.00%で受けた例となる運の良いボロワーもいます。

maneo(マネオ)はオークション型のソーシャルレンディングです

借り手の参加資格と条件

2007年に設立されたmaneo(マネオ)は日本のソーシャルレンディングの中で最も知名度がかなり高いと言ってもいいでしょう。 元東京三菱銀行員で代表取締役の妹尾賢俊さんは、この業界ではかなり有名でいち早くこのシステムを日本に持ち込んで始めた人として金融業界で話題を呼んでいます。 この時点の2011年8月時点で登録者数20,874人、そして成立したローンの総額はなんとトータルで\873,890,000円と合計でなるのです。 そして現在はインターネットで24時間365日申し込みができることはもちろんです。 これらはホームページ上のコミュニティーやサポートもビットコインよりも安全性も高くしっかりしています。

このページの先頭へ