P2Pの意味はPerson to Personです

ソーシャルレンディングとP2Pは呼び名が違うだけで内容は同じと言えます。 他にもお金を貸したい人(投資家)をレンダーと呼んだり、逆に借りたい人をボロワーと呼ぶなど業界特有の不慣れな名称もあります。 日本ではまだあまり浸透していないので馴染みのないものです。 しかし、世界的にはこのサービスは急激に拡大していますが、これは今後、さらに耳にする機会も増えることでしょう。 銀行や消費者金融での長期ローンに対して不満を持っている人が、かなり多い事もあります。 それが、このサービスが発展した理由とされています。 もともと、親しい友人や家族間ではお金の貸し借りは、このように順番に行われてきました。 しかし法律の下しっかりとしたサービスを行う企業は、実際は思っているよりもかなり少なくなります。 銀行や消費者金融しか融資を受けることができませんでした。 そして、これらは過去の意味のあるアンケートを参考にすると現在では新たなサービスです。 っくり少しずつですが微妙に徐々にですが浸透しつつあります。

ソーシャルレンディングのP2Pは、投資家にとっても新しい比較の対象

バブル崩壊後、銀行は超低金利政策となり銀行に預けても、ほとんど利息がつかない得がない状態となっています。 また、年金の問題で不安を抱える方も多くいます。 貯蓄を比較してどこに預けるかが新たな課題となっています。 外貨預金、FXや為替など様々な媒体があります。 以前より、こういった所謂ソーシャルレンディングは額がそれらに比べると少ないので万が一の事があってもリスクが少ない事が挙げられます。 リーマンショックのような世界的な景気を左右する為替変動がここで起こったとしてもです。 これは個人間の取引なのであまり影響がありません。 次代を担う投資家にとってもリスクの少ないP2Pがあります。 このような比較的利回りがいい新しいサービスとなっています。


このページの先頭へ